コインチェック、ファッションブランド「TOMO KOIZUMI」らとNFT事業で連携

コインチェック、「TOMO KOIZUMI」らとNFT事業で連携

コインチェック株式会社が、ファッションブランド「TOMO KOIZUMI(トモ コイズミ)」およびデジタルファッションハウス「Joyfa(ジョイファ)」と、NFT事業において連携を開始したことを8月31日に発表した。

「Joyfa」が「TOMO KOIZUMI」のドレスコーディネートをデジタル化し、コインチェックの運営する「Coincheck NFT(β版)」にてNFTとして販売する予定とのことだ。また発行したNFTのメタバース(仮想空間)上での活用などを幅広く検討していくようだ。なお今回は提携の発表で、具体的なNFTの販売スケジュールなどは公開されていない。

「TOMO KOIZUMI」「トモ コイズミ」は、デザイナーの小泉智貴氏のファッションブランド。東京オリンピックの開会式で歌手MISIAが同ブランドのドレスを纏い国歌斉唱したことが記憶に新しい。

「Joyfa」は2021年5月設立のデジタルファッションレーベルであり、AIやCG技術を活用し、デジタルファッションを実際に着ているかのように、写真上で表現するサービスを現在開発しているとのことだ。

「Coincheck NFT(β版)」は 今年3月24日にローンチしたマーケットプレイスで、5月末時点の発表では2.5万人以上のユーザー数とのこと。現在はブロックチェーンゲーム『The Sandbox』の仮想空間上の土地であるLANDのNFTや、SKE48のメンバーのトレカNFT、また「Sorare(ソレア)」と提携によりにサッカー選手のデジタルカードNFTの販売などを行なっている。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。