大英博物館、J.M.W.ターナーの絵画をNFTで販売へ

ターナーの作品がNFTに

大英博物館(British Museum)が、イギリスの著名画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(Joseph Mallord William Turner)の作品をNFT化し販売することが分かった。ターナーの水彩画作品のうち20点が対象となる。

同博物館は昨年9月より、江戸時代の浮世絵師である葛飾北斎の作品のデジタル画像をNFT化し販売をしており、今回の取り組みは前回の成功を受けて行われるとのことだ。

今回は前回の葛飾北斎のNFT同様、本物の物理作品との紐づけは行わず、「デジタルポストカード」として販売するようだ。このことは著作権保護期間切れとなりフリーとなっている作品を、同博物館にて販売する作品を利用した物理的なポストカードなどのグッズと同じように、NFTとして販売することで収益を得る狙いだ。

メディア「The Art Newspaper」によると、今回販売されるターナーのNFTは3種類のランクがあり9作品を「ウルトラレア」、7作品を「スーパーレア」、4作品を「オープンエディション」として販売される。

「ウルトラレア」と「オープンエディション」は、前回の北斎のNFT購入者を対象に2月8〜9日にてプライベートセールが行われる。また一般販売については、2月9日〜3月4日に行われるとのこと。

なお前回の北斎に引き続き、今回もフランスのNFTマーケットプレイス「LaCollection(ラ・コレクション)」で販売が行われる。

関連ニュース

イギリス 大英博物館、葛飾北斎のNFT200種類販売へ

参考:The Art Newspaper
デザイン:一本寿和
images:iStocks/coward_lion・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ