スイスSEBA銀行、シリーズCで約138億円の資金調達

スイスSEBA銀行が約138億円調達

スイスのデジタル資産銀行SEBAが、シリーズC資金調達ラウンドで1億1,100万フラン(約137.5億円)を調達したことが1月12日分かった。

この調達は、アルティブ(Altive)、オードウェイ・セレクションズ(Ordway Selections)、サマー・キャピタル(Summer Capital)、ディファイ・テクノロジーズ(DeFi Technologies)が共同主導し、アラメダリサーチ(Alameda Research)やジュリアス・ベアー(Julius Baer)もこのラウンドに参加したとのこと。

またこのラウンドは、当初予定していた資金調達の目標額をはるかに上回る需要があり、売り出しに対して買いが上回る大幅な「オーバーサブスクライブ」となったとのことだ。

発表によると今回調達した資金は、アジア太平洋と中東での事業拡大や機関投資家向けビジネスの促進に利用し、デジタルアセットバンキングプラットフォームの更なる発展を目指すとしている。

SEBA銀行の動向

2019年に、スイスのSEBA銀行とシグナム銀行の二行がデジタル資産を扱う銀行として、金融市場監督局から銀行ライセンスが付与された。

SEBA銀行は2020年7月に、金融商品の発行や決済サービスを提供するDigital Asset Shared Ledger (DASL)と提携し、デジタル証券の発行や投資機能の提供を開始した。このデジタル証券はR3のブロックチェーン・コルダ(Corda)上で発行され、流通されている。

また2021年9月には、投資家保護を目的に集団投資スキーム(ファンド)のカストディ銀行としてのライセンス(the CISA licence)を、スイスの金融規制当局である金融市場監督局(FINMA)から付与されている。

そして2021年10月にSEBA銀行は、機関投資家が主にDeFi(分散型金融)プラットフォームのトークンをファーミングする(利回りを得る)ためのサービス「SEBA Earn」の提供開始している。

関連ニュース

スイスSEBA銀行、機関投資家向けDeFiファーミングサービス提供開始

スイスのデジタル銀行SEBA、投資ファンド向けカストディ銀行ライセンス取得

スイスのSEBA銀行が機関投資家向けに金融商品をトークン化

参考:SEBA
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio・PashaIgnato

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored