スイスSEBA銀行、機関投資家向けDeFiファーミングサービス提供開始

スイスSEBA銀行、機関投資家向けDeFiファーミングサービス提供開始

スイスのデジタル銀行であるSEBA銀行が、機関投資家向けにDeFi(分散型金融)ファーミングサービス「SEBA Earn」の提供を開始したことが10月14日にわかった。

DeFi市場が急速に成長し総額9.1兆円(800億ドル)規模に達したことで、機関投資家が信頼できる規制されたカウンターパーティを求めおり、SEBA銀行が機関投資家のそのニーズに応えたとしている。ちなみにSEBA銀行は、スイス規制当局に認可された銀行として初めてDeFiトークンの利回りサービスを提供を開始したことになる。

「SEBA Earn」は、機関投資家が主にDeFi(分散型金融)プラットフォームのトークンをファーミングする(利回りを得る)ためのサービス。発表によれば、まずテゾス(Tezos)、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)が対象となるとのこと。そして今後数ヶ月で、さらに多くのプロトコルに対応していく方針が示されている。

SEBA銀行のCEOであるグイド・ビューラー(Guido Buehler)氏は、「SEBA Earn」の提供開始について次のようにコメントしている。

「機関投資家のデジタル資産への関心が加速するにつれ、機関投資家が暗号資産に対してもより広範な欲求を持っていることがわかってきました。特にステーキング、DeFi、中央集権的な暗号資産のレンディングなどの収益サービスに関心を持っています。SEBA Earnは、プロの投資家や機関投資家に、暗号資産を安全に運用するための柔軟なプラットフォームと、信頼できる規制対象のプロバイダーを提供します」

なおSEBA銀行は、9月末に投資家保護を目的に集団投資スキーム(ファンド)のカストディ銀行としてのライセンス(the CISA licence)も取得した。今後もSEBA銀行は機関投資家や既存金融機関に対して、暗号資産関連サービスの提供を進めていくだろう。

参考:SEBA銀行
デザイン:一本寿和
images:RRice1981・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した