スイスのSEBA銀行が機関投資家向けに金融商品をトークン化

スイスのSEBA銀行が機関投資家向けに金融商品をトークン化

スイスのSEBA銀行が、Digital Asset Shared Ledger (DASL)と提携することを発表した。DASLは主に機関投資家向けに、デジタル資産と従来の金融資産をシームレスで安全かつ使いやすい形でつなぐネットワークだ。DASLは金融商品の発行、移管、ポートフォリオ管理、アセット・サービシング、清算・決済などのサービスを提供している。

この提携によって、SEBA銀行は機関投資家向けにCorda Network上で機能するデジタル証券の発行、投資機能を提供することができるようになった。さらにSEBA銀行は、SEBA既存のカストディ・資産運用・トレーディング商品を補完するものとして、DASLを活用した一次資産のトークン化と流通機能、オンボードのカストディ顧客向けにウォレットを作成し、デジタル証券を発行し、ウェルスマネジメントやその他の投資家ネットワークに提供していくとのこと。

SEBA銀行のHead Tokenizationを務めているMatthew Alexander(マシュー・アレキサンダー)氏は「デジタルアセットや証券が機関投資家に広く普及するためには、流通や二次取引、流動性を確保するための信頼できる取引所が必要となります。DASLは、デジタル証券の商品群のための迅速かつ安全なプラットフォームをSEBAに提供しています。SEBAとDASLの強みを組み合わせることで、お客様への課題解決方法とサービス提供をさらに強化していきたいと考えています」とコメントしている。

DASLのFounderであるRichard Crook(リチャード・クルック)氏は「SEBA銀行と提携し、DASLを用いてCorda Networkの公開を実現できたことを嬉しく思います」とコメントしている。

編集部のコメント

DASLはLAB577によって開発されました。DASLはCorda Network上で、従来の金融商品をデジタル資産に変換するためのオープンなソリューションを提供します。現金、債券、株式のいずれも、金融機関、ブローカー、資本市場の発行体にとって、堅牢でコスト効率の高いインフラストラクチャです。DASLはGoogle、R3、DEON DiGiTAL、Trustologyなどとパートナーシップを提携しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。