ウォーホルのマリリンモンローが証券トークン化し分割販売、シグナム銀行とアルテマンディが

シグナム銀行がウォーホルのマリリンを証券トークン化

スイスのデジタル銀行シグナム(Sygnum)と、アート投資企業アルテムンディ(Artemundi)が提携し、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)のアートワーク『Four Marilyns(Reverseal):フォーマリリン(反転シリーズ)』の証券トークン化を11月4日発表した。

シグナム銀行のトークン化プラットフォーム「ディシグネイト(Desygnate)」にて、アート・セキュリティ・トークン(AST)として発行し、機関投資家をはじめとした同行の顧客にのみ提供されるとのこと。

今回発行されたトークンは5000個で、トークン保有者は現在約8.4億円(570万スイスフラン)で販売されている『Four Marilyns(Reverseal)』の分割所有権を有することができる。なおトークン保有者は、スイスのDLT法の枠組みのもと、その所有権は完全に認証されたものになるとのことだ。

なおこのASTは、シグナム銀行のデジタル資産取引プラットフォーム「SygnEx」を通じて2次流通取引が可能だ。また全ての取引における決済は、同行発行のステーブルコイン「デジタルスイスフラン(DCHF)」が利用されるとのこと。

ちなみに今回トークン化された『Four Marilyns(Reverseal)』はマリリン・モンローの映画「ナイアガラ」の広報写真をもとに作られたアンディ・ウォーホルの代表的なシリーズのひとつだ。ウォーホルが得意とするシルクスクリーン技術を使い、マリリン・モンローの象徴的なイメージをモノクロで4回繰り返したもの。ウォーホルは言わずと知れた20世紀を代表する芸術家で、Sotheby’s Mei Moses indexによるとウォーホルの作品は2003年から2017年の間に年平均14.2%上昇しているとのこと。

シグナム銀行のトークン化責任者であるファトマイア・ベキリ(Fatmire Bekiri)氏は「ウォーホルの象徴的作品であるFour Marilynsは、映画黄金時代の最も輝かしいスターの1人を不滅にするものだ。私たちはブロックチェーン技術を活用することで、いつの日かこのような世界的に有名な絵画を所有することを、ウォーホルが有名にしたようなトマトスープの缶を買うのと同じくらい簡単にできる未来を築いていく」とコメントしている。

アルムンディのCEOハビエル・ルンブレラス(Javier Lumbreras)氏は「非常にユニークで普遍的な認知度の『独占』ともいえる弊社の戦略的ポートフォリオは、アーティストたちの名作で構成されている。彼らには何世代にもわたって成長を続けてきた実績がある」と述べている。

なおシグナム銀行とアルムンディは昨年7月にも、ピカソの絵画『Fillette au béret:ベレー帽の少女』をトークン化している。

関連ニュース

シグナム銀行がピカソの絵画を証券トークン化、1株約60万円で購入可

スイスのシグナム銀行が約100億円を調達、機関投資家向けWeb3プロダクトを開発へ

ダミアンハースト、NFTを選んだコレクターの現物アート作品を焼却へ

大英博物館、J.M.W.ターナーの絵画をNFTで販売へ

エルミタージュ美術館所蔵のゴッホやモネの絵画がNFTに、バイナンスNFTでオークション

参考:シグナム銀行
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ayman-Haykal

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論