たまごっち風の「Aavegotchi」、ポリゴンスーパーネットで独自チェーン構築へ

アーヴェゴッチが独自ブロックチェーン構築へ

NFTゲーム「アーヴェゴッチ(Aavegotchi)」が、ポリゴン(Polygon)の「スーパーネット(Supernets)」を使用して、独自のブロックチェーン「ゴッチチェーン」を構築することを3月22日に発表した。

ポリゴンスーパーネットは、プロジェクトが独自のアプリケーション固有の独自チェーンを作成できるプラットフォームだ。

アーヴェゴッチは、1990年代に初めて日本で発売された玩具「たまごっち」に類似した、NFTを用いたゲーム。プレイヤーは独自のモンスター「アーヴェゴッチ」を育成してバトルに参加することができる。

今後アーヴェゴッチがスーパーネットを用いることで、トランザクション時間の短縮、ガス料金の削減、優れたスケーラビリティを実現でき、プレイヤーはモンスターの育成やトレードをよりスムーズかつ透明に行えるようになるという。

アーヴェゴッチの開発チームによると、「ゴッチチェーン」は2023年第3四半期の早い時期にローンチする予定とのこと。

アーヴェゴッチを提供する「ピクセルスタジオズ(Pixelcraft Studios)のCOOであるジェス・ジョンソン(Jesse Johnson)氏は「このパートナーシップの可能性と、それが私たちのコミュニティにもたらす機会に興奮しています。ポリゴンのスーパーネットを利用することで、ブロックチェーンゲーム業界に革命をもたらし、世界中のプレイヤーと開発者に究極の体験を提供するゲーム ブロックチェーンを作成できると信じています」と語っている。

なおアーヴェゴッチは、ネイティブトークンGHSTを発行しており、このトークンを利用するとミニゲームやガバナンス、ミートアップに参加できる。  

関連ニュース

参考:アーヴェゴッチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ