Zaif、カイカコイン(CICC)一定量保有者へポリゴン(MATIC)エアドロップへ

Zaifがカイカコイン保有者へ暗号資産エアドロップ

CAICA DIGITAL(カイカデジタル)が、国内暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)の口座に一定量のカイカコイン(CICC)を保有しているユーザーに対し、今後暗号資産(仮想通貨)のエアドロップを実施していくことを2月22日発表した。

発表によるとエアドロップされる暗号資産は、ザイフが今後新たに取り扱いを開始する銘柄になるという。この取り組みはカイカコインによる、継続的なサービスの拡充、保有者の拡大、流通の促進を目指したものになるようだ。

今回エアドロップ第1弾としてCICC保有者に付与されるのは、ザイフが3月15日に取り扱いを開始したポリゴン(MATIC)になるという。なお今後のエアドロップ予定の暗号資産として、ディープコイン(DEP)、アスター(ASTR)、クレイ(KLAY)、オアシス(OAS)などが付与される予定とのこと。

今回実施されるMATICエアドロップの対象者は、3月31日23:59時点においてZaif口座のKYC済みで、口座にCICCを10,000枚以上保有しているユーザーとのことだ。

またエアドロップされるのは1,000円相当のMATICとのことで、レートについてはカイカデジタルが定めた時点のレートになるという。配布時期については、4月中旬を予定しているとのことだ。

カイカコイン(CICC)は東証スタンダード上場のカイカデジタルが発行元の暗号資産だ。イーサリアム(Ethereum)上で発行されるトークン規格ERC20に準拠している。CICCは国内においてザイフが取り扱っており、海外では上海のHotbit(ホットビット)、シンガポールのFinebox(ファインボックス)、エストニアのExtrate(エクストレイト)で取り扱われているとのことだ。

関連ニュース

参考:カイカデジタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も