Zaif、カイカコイン(CICC)一定量保有者へポリゴン(MATIC)エアドロップへ

Zaifがカイカコイン保有者へ暗号資産エアドロップ

CAICA DIGITAL(カイカデジタル)が、国内暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)の口座に一定量のカイカコイン(CICC)を保有しているユーザーに対し、今後暗号資産(仮想通貨)のエアドロップを実施していくことを2月22日発表した。

発表によるとエアドロップされる暗号資産は、ザイフが今後新たに取り扱いを開始する銘柄になるという。この取り組みはカイカコインによる、継続的なサービスの拡充、保有者の拡大、流通の促進を目指したものになるようだ。

今回エアドロップ第1弾としてCICC保有者に付与されるのは、ザイフが3月15日に取り扱いを開始したポリゴン(MATIC)になるという。なお今後のエアドロップ予定の暗号資産として、ディープコイン(DEP)、アスター(ASTR)、クレイ(KLAY)、オアシス(OAS)などが付与される予定とのこと。

今回実施されるMATICエアドロップの対象者は、3月31日23:59時点においてZaif口座のKYC済みで、口座にCICCを10,000枚以上保有しているユーザーとのことだ。

またエアドロップされるのは1,000円相当のMATICとのことで、レートについてはカイカデジタルが定めた時点のレートになるという。配布時期については、4月中旬を予定しているとのことだ。

カイカコイン(CICC)は東証スタンダード上場のカイカデジタルが発行元の暗号資産だ。イーサリアム(Ethereum)上で発行されるトークン規格ERC20に準拠している。CICCは国内においてザイフが取り扱っており、海外では上海のHotbit(ホットビット)、シンガポールのFinebox(ファインボックス)、エストニアのExtrate(エクストレイト)で取り扱われているとのことだ。

関連ニュース

参考:カイカデジタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した