ネクソンとポリゴンラボが提携、「メイプルストーリー」をPolygon Supernetで構築へ

ネクソンとポリゴンラボが提携

グローバルにゲーム開発およびサービス提供するネクソン(Nexon)が、ポリゴンラボ(Polygon Labs)とのパートナーシップを3月22日発表した。

この提携によりポリゴンラボが提供する「ポリゴンスーパーネット(Polygon Supernet)」を利用して、ネクソンが現在開発を進めているブロックチェーンゲーム「メイプルストーリーユニバース(MapleStory Universe)」を構築するとのことだ。

「ポリゴンスーパーネット」は、ポリゴンのシステムを用いて最適なネットワークを各自で作ることが出来る「ポリゴンエッジ(Polygon Edge)」を搭載したサービスだ。ユーザーは自身が提供するサービスにカスタムネットワークが構築できるようになる。今回ネクソンは「ポリゴンスーパーネット」導入により、独自の専用アプリチェーンを持てるようになるという。

「メイプルストーリーユニバース」は、ネクソンが2003年に提供を開始したMMORPG「メイプルストーリー」を基にした現在開発中のブロックチェーンゲームだ。

現在の「メイプルストーリー」ではプレイヤーは法定通貨を利用してゲーム内アイテムの購入や交換を行っているというが、「メイプルストーリーユニバース」においては将来的に、ゲーム内でNFTアイテムの獲得や収集、エコシステムでのユーティリティロック解除など可能になるよう想定しているようだ。

「メイプルストーリーユニバース」のグループリーダーであるファン・ソンヨン(Sun-young Hwang)氏は「web3ゲームのトッププロトコルであるポリゴンを基盤に、メイプルストーリーユニバースが構想するNFTエコシステム拡大を楽しみにしています。今回のパートナーシップはエコシステムを動かすのに最適な選択です」とし「私たちはポリゴンラボのチームと密接に協力して、ゲーム開発とマーケティングを行います」とコメントしている。

関連ニュース

参考:ポリゴンラボ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/greenbutterfly

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資