Zaif親会社カイカデジタルがOasys(OAS)と提携、独自L2「CAICA Verse」構築へ

カイカデジタルがOasysのL2「CAICA Verse」構築へ

CAICA DIGITAL(カイカデジタル)が、ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys(オアシス)」とのパートナーシップ契約の締結を3月6日発表した。

これによりカイカデジタルは、「オアシス」上にL2ブロックチェーンとなる独自Verse(バース)「CAICA Verse」の構築を進めるとのこと。

カイカデジタルは、国内暗号資産(仮想通貨)取引所「Zaif」運営のカイカエクスチェンジの親会社。「Zaif」に上場しているカイカコイン(CICC)の発行も行っている。またカイカデジタルグループでは、ブロックチェーンゲームに特化したNFTローンチパッド「Zaif INO」などの運営を通じ、交換所でのゲーミングトークンの取り扱いを拡充させている。

ゲーミングトークンに特化する「Zaif」が「オアシス」上で独自Verseを展開することで、トークンの入手からゲームプレイまでのシームレスな体験をユーザーへ提供可能になるとのこと。

今回構築する「CAICA Verse」では、カイカコインの活用も可能とのことで、ゲーム事業者が自社でトークン発行することなくブロックチェーンゲームを運営することも可能になるという。

またカイカコインホルダーがブロックチェーンゲームに参加することで新規ユーザーの増加を見込んでいる他、ゲームで得たカイカコインを「Zaif」で売却することによりシームレスな現金化が可能になる予定とのことだ。

カイカデジタルはリリースにて、現状ブロックチェーンゲーム運営企業にとってトークンアロケーション(配分)の設計がハードルとなっていること、そして各Verseでゲームをプレイするためにはトークンの発行が必要で、ユーザーの増加にも繋がらない状況にあると説明。この課題に対し、カイカデジタルはカイカコイン活用で解決できるとし、今回「CAICA Verse」構築を決定したと説明している。

なお「オアシス」L2のVerse(バース)には、double jump.tokyo:DJT(ダブルジャンプトウキョウ)運営の「HOME Verse(ホームバース)」、DJT関連会社MCHが運営するNFTゲーム「My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)」独自の「MCH Verse」、CryptoGames(クリプトゲームス)運営のトレーディングカードゲーム特化の「TCG Verse」が現在稼働している。

関連ニュース

参考:カイカデジタル
デザイン:一本寿和

images:iStocks/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ