機関投資家向けメタマスクにステーキング追加、Allnodes・Blockdaemon・Kilnと提携で

機関投資家向けメタマスクにステーキング追加

機関投資家向けweb3ウォレット「Metamask Institutional(メタマスクインスティトゥーショナル)」に、ステーキングのマーケットプレイスが立ち上がる予定だ。「メタマスク」開発元の米コンセンシス(ConsenSys)が3月22日発表した。

今回提供されるプロダクトでは、シンプルなワンクリックによるステーキングを機関投資家向けに提供するという。なおコンセンシス独自のステーキング製品も含まれるとのこと。3月27日より提供が開始されるようだ。

なおこのプロダクト提供にあたり、ステーキングプロバイダーとしてAllnodes(オールヌード)、Blockdaemon(ブロックデーモン)、Kiln(キルン)と提携したという。

コンセンシスは今回のプロダクト提供の理由として、4月に控えるイーサリアム(Ethereum)メインネットの大型アップグレード「シャペラ(Shapella:Shanghai/Capella)」の実装をあげている。

「シャペラ」メインネット実装により、イーサリアムメインネットにステークおよびロックされたイーサ(ETH)の出金機能が実装されることになっている。これにより資産の柔軟性が向上し、機関投資家によるステーキングの採用が促進される可能性があると説明されている。

なおコンセンシスは今年1月に一般ユーザー向け「メタマスク」上でイーサリアムのステーキングが出来る機能「MetaMask Staking(メタマスクステーキング)」をリリースしていた。

この機能によりユーザーは「メタマスクステーキング」でイーサリアムのイーサ(ETH)をステーキングすることで、リキッドステーキングプロバイダーであるLido(リド)とRocket Pool(ロケットプール)を通じて「stETH」と「rETH」が受け取れるようになっている。

関連ニュース

参考:コンセンシス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ