メタマスクと印オンランプマネーが連携、インドでのブロックチェーン普及促進へ

メタマスクと印オンランプマネーが統合

Web3ウォレットのメタマスク(MetaMask)にインドの取引プラットフォーム「オンランプマネー(Onramp.money)」が連携した。メタマスク開発元のコンセンシス(ConsenSys)が2月9日発表した。

これによりインド居住のユーザーは、暗号資産(仮想通貨)をメタマスクから直接購入できるようになるという。

なお購入できる暗号資産はイーサリアム(ETH)、ポリゴン(Polygon)、BNBチェーン(BNB Chain)とのことだ。

「オンランプマネー」は、法定通貨を暗号資産に変換するプラットフォームだ。現在メタマスクの他に「オンランプマネー」が対応しているウォレットは、コインベース(Coinbase)、マイイーサウォレット(MyEtherWallet)、トラストウォレット(Trust Wallet)、コイン98ウォレット(Coin98 Wallet)、クールウォレット(Cool Wallet)だ。またウォレットの他にも取引所やDeFi(分散型金融)、ゲームやSNSなどに「オンランプマネー」は幅広く対応している。

なお「オンランプマネー」は、インド大手暗号資産取引所の「ビットBNS(Bitbns)」により運営されている。

メタマスクのプロダクトマネージャーであるロレンソ・サントス(Lorenzo Santos)氏は「今回の連携により、インドのユーザーはイーサリアム、ポリゴン、BNBネットワークにアクセスし、分散型アプリケーションを簡単に利用できる。これによりインドにおけるブロックチェーン技術の普及を促進することができると考えている」とコメントした。

また、「オンランプマネー」のCEOであるガウラフ・ダハケ(Gaurav Dahake)氏も「メタマスクと協力してインドにおけるブロックチェーン技術の採用を促進することを楽しみにしている」と述べている。

メタマスクは昨年12月に米国でペイパル(PayPal)を使用してのイーサリアム「イーサ(ETH)」購入を可能にしている。

関連ニュース

参考:ConsenSys
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Jirapong-Manustrong

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も