コンセンシス、メタマスクのセキュリティ強化のためMyCrypto買収

コンセンシスがMyCryptoを買収

ブロックチェーン関連の開発企業コンセンシス(ConsenSys)が、イーサリアムアカウント管理ツール提供のマイクリプト(MyCrypto)を買収したことが2月1日分かった。

この買収は、コンセンシスが提供する暗号資産(仮想通貨)ウォレットであるメタマスク(MetaMask)のセキュリティ強化に向けた動きとのこと。なお買収額については公表されていない。

今回の買収によりメタマスクでは「セキュリティ及びアンチフィッシングチーム」、「コアライブラリチーム」、「APIフォーカスチーム」、「開発者教育チーム」などといった新たなチームを複数立ち上げるとのことだ。これらはウォレットのセキュリティ対策や堅牢性向上、開発促進に向けたチームとのこと。

また長期的にはノンカストディアルなプロダクトとして、メタマスクをデスクトップやモバイル、ウェブ及び、拡張機能など全てのプラットフォームに対応し、完全なエンドツーエンドの体験を実現するという。

メタマスクの創業者兼グループマネージャーのダン・フィンレー(Dan Finlay)氏は、「マイクリプトのウェブプロダクトとデスクトップアプリケーション、そしてメタマスクのモバイルアプリとブラウザ拡張機能によって、我々はさらに人々をWeb3の世界と結びつけることを可能にします」と発表にて説明している。

なおマイクリプトが運営しているサービスは引き続き提供されるとのことだ。

コンセンシスは昨年10月にも買収を行っている。Web3インキュベーターであるメッシュ(Mesh)からトリーム(Treum)のチームとNFTプラットフォームを買収した。トリームはイーサリアムベースの音楽NFT及びアートプロジェクトを運営している。こちらも買収額については公表されていない。

関連ニュース

メタマスク、KeyStoneのハードウェアウォレットとQRコード接続に対応

コンセンシスが約220億円調達、メタマスクのユーザー数は2100万人に

メタマスクの機関投資家向け部門、暗号資産カストディ企業3社と提携

参考:メタマスクマイクリプト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebopgraphis

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない