メタマスクSDKがUnityアセットストアで公開、ゲームのウォレット接続が容易に

メタマスクSDKがUnityアセットストアで公開

ゲーム開発プラットフォーム「Unity」で利用できるツールやアセットをダウンロードできる「Unityアセットストア」にて、開発者がゲーム内にメタマスク(MetaMask)ウォレットを接続できるようにするアセット「メタマスクSDK(MetaMask SDK)」が2月28日公開された。

メタマスクの公式ツイッターによるとブロックチェーンを利用したweb3ゲームの市場は成長が著しく、毎日48のブロックチェーンで100万人のユーザーがweb3ゲームにアクセスしているという。

そんな中今までweb3ゲームは、メタマスクなどのブラウザの拡張機能として利用されているウォレットを簡単に接続できるよう、ブラウザアプリとしてゲーム開発することや、独自に開発したウォレットの導入を行うなどして対応をしていた。

メタマスクは、今回公開された「メタマスクSDK」により「ゲーム業界にweb3の価値をもたらし、ゲーム開発者にとって新たな時代になる」と述べている。

またメタマスクを開発するコンセンシス(ConsenSys)は、「メタマスクSDK」の公開に際して「Web3 Early Adopter Program」という助成金プログラムを開始した。このプログラムに応募し採択されたweb3ゲームの開発者は、最大10万ドルの助成金が得られるとのこと。なおアジェンダ、審査員、メンターの詳細については、近日中に発表されるとのことだ。

関連ニュース

参考:Unityアセットストア
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Rabbit_Photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した