メタマスクSDKがUnityアセットストアで公開、ゲームのウォレット接続が容易に

メタマスクSDKがUnityアセットストアで公開

ゲーム開発プラットフォーム「Unity」で利用できるツールやアセットをダウンロードできる「Unityアセットストア」にて、開発者がゲーム内にメタマスク(MetaMask)ウォレットを接続できるようにするアセット「メタマスクSDK(MetaMask SDK)」が2月28日公開された。

メタマスクの公式ツイッターによるとブロックチェーンを利用したweb3ゲームの市場は成長が著しく、毎日48のブロックチェーンで100万人のユーザーがweb3ゲームにアクセスしているという。

そんな中今までweb3ゲームは、メタマスクなどのブラウザの拡張機能として利用されているウォレットを簡単に接続できるよう、ブラウザアプリとしてゲーム開発することや、独自に開発したウォレットの導入を行うなどして対応をしていた。

メタマスクは、今回公開された「メタマスクSDK」により「ゲーム業界にweb3の価値をもたらし、ゲーム開発者にとって新たな時代になる」と述べている。

またメタマスクを開発するコンセンシス(ConsenSys)は、「メタマスクSDK」の公開に際して「Web3 Early Adopter Program」という助成金プログラムを開始した。このプログラムに応募し採択されたweb3ゲームの開発者は、最大10万ドルの助成金が得られるとのこと。なおアジェンダ、審査員、メンターの詳細については、近日中に発表されるとのことだ。

関連ニュース

参考:Unityアセットストア
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Rabbit_Photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored