露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

スベルバンク、独自プラットフォームにメタマスク対応へ

ロシア最大の商業銀行スベルバンク(SberBank)が、同社独自ブロックチェーンプラットフォームを、web3ウォレット「メタマスク(MetaMask)」に対応する計画を11月30日発表した。

スベルバンクの独自プラットフォームは、デジタル金融資産(Digital Financial Asset:DFA)を発行するために今年7月に立ち上げられた。

今回の発表でスベルバンクは、自社プラットフォームがイーサリアム(Ethereum)と互換性があると言及。同行は「開発者が銀行のブロックチェーンネットワークとオープンブロックチェーンネットワークの間でスマートコントラクトやプロジェクト全体を自由に転送できるようになる予定」と話している。

また「メタマスク」が利用できるようになることで、スベルバンクのプラットフォーム上のトークンおよびスマートコントラクトとのやり取りが可能になるとのこと。これにより同行のプラットフォームでユーザーが独自トークンの発行とスマートコントラクトが生成できるようになり、それらを銀行の情報システムとの統合により、スマートコントラクトに基づくロシアルーブル(RUB)決済が可能になると説明されている。

スベルバンクは今年3月にロシア連邦中央銀行から、企業向けのデジタル金融資産発行と交換を行うサービスライセンスを取得していた。

ロシアでは昨年1月1日からDFA法が施行され、中央銀行から認可を受けた事業体は暗号資産等のデジタル金融資産の発行ができるようになっていた。

関連ニュース

露スベルバンク、独自プラットフォームでデジタル金融資産発行

露スベルバンク、独自プラットフォームでデジタル資産取引を実施へ

ロシアのスベルバンク、デジタル資産の発行交換サービス開始へ

ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請

参考:スベルバンク
images:iStocks/wrangel

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された