メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮

インフラのユーザーデータ保存が7日に短縮

web3ウォレット「メタマスク(MetaMask)」開発元のコンセンシス(ConsenSys)が、同社開発のRPC「インフラ(Infura)」の仕様およびメタマスクの設定画面の変更を12月7日に発表した。

そもそもこの判断に至るまでには、コンセンシスがメタマスクを通してユーザーデータを収集開始したという疑惑から始まった。

コンセンシスは11月23日、同社のプライバシーポリシーを変更し、ユーザーがメタマスクのRPCプロパイダーとしてデフォルト設定されている「インフラ」を使用した場合、ユーザーのウォレットアドレスとIPアドレスを収集する旨の明記を追加した。

これに対し多くのユーザーは、この記載内容がweb3分野で重視される思想である分散性に反していると批判。他のウォレットへ乗り換えるというSNSへのユーザーの書き込みも多く見られていた。

その後コンセンシスCEOのジョセフ・ルービン(Joseph Lubin)氏はツイッターにて、この記載内容がメタマスクではなくインフラの仕様であるとし、データ収集が負荷の分散やルーティングに必要であること。また収益化に利用しないことを述べていた。

しかしながら一部のユーザーは、思っていたよりもメタマスクを利用した取引がプライベートなものでなかったとの反応を示していた。

そして今回、コンセンシスはこれらのユーザーの反応へ配慮して「ウォレット情報とIPアドレスを結びつけられないように保存していること」、「資産残高の確認などのブロックチェーンの情報の読み取りではIPアドレスを取得せず、取引などの書き込みの際にのみ取得すること」、そして今後、これらのユーザー情報の保存期間を7日間に短縮する予定であることを発表した。

またコンセンシスからプライバシーを重視するユーザーに対して、「インフラ」の代わりに独自のノードを作成するかサードパーティー製のRPCを利用するよう推奨されていたが、現在のユーザーインターフェースではこの設定が分かりづらいことが指摘されていた。

これに対しても、近日中にメタマスクのユーザーインターフェースを、RPCの変更設定が分かりやすく、新規ユーザーに対して利用するRPCを選択できるようなものに更新するとコンセンシスは発表している。

関連ニュース

メタマスクのユーザーデータ収集問題、コンセンシスCEOジョセフルービンが否定

メタマスクが助成金DAO、コンセンシス全従業員参加し外部開発者支援へ

ユニスワップ(UNI)がユーザーのオンチェーンデータ取得開始、UX向上目的に

複数のweb3企業ら、データプライバシーに関するアライアンスとファンド設立

【取材】LayerX、プライバシーテック事業へ本格参入

参考:コンセンシス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ustinroque

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された