ユニスワップ(UNI)がユーザーのオンチェーンデータ取得開始、UX向上目的に

ユニスワップがユーザーデータ取得開始

分散型金融(DeFi)プロトコル「ユニスワップ(Uniswap)」を開発するユニスワップラボ(Uniswap Labs)が、ユーザーエクスペリエンス(UX)向上のために、ユーザーのオンチェーンデータなどの情報取得開始を発表した。

ユニスワップラボは11月22日、新たなプライバシーポリシーのリリースを報告。ユーザーから取得する情報について、その使用目的など説明を行った。なおユニスワップラボは「透明性が重要であり、ユーザーを驚かせたくない」と前置きした。

ユニスワップラボは今回のユーザー情報取集にあたり大前提として、個人と紐づく「姓名・住所・生年月日・メールアドレス・IPアドレス」について、取得し保存することはないと明言。そしてユーザーデータについて、マーケティング目的による第三者との共有は行わないとした。

同社は「ユーザーデータとプライバシーを保護することが最優先事項である」としたうえで、「UX向上のためにデータ主導の意思決定を行いたい」と説明した。

このためにユニスワップラボがユーザーから取得するデータとしては「公開されているオンチェーンデータ」の他、「デバイスの種類」や「ブラウザーのバージョン」などの限定されたオフチェーンのデータなどであるとのことだ。

なおオンチェーンデータは、ユーザーのウォレットアドレスによるトークンの保有量や移動・スワップ・スマートコントラクトでの署名などのトランザクションが含まれる。また「デバイスの種類」や「ブラウザーのバージョン」は、接続されたウォレットから取得可能となるようだ。

関連ニュース

ユニスワップラボ、Polychainやa16zらから約243億円調達

分散型取引所ユニスワップV3、ポリゴンで正式稼働

ユニスワップ、米国規制の影響で100以上のトークンにアクセス制限

DeFi教育基金が約11億円相当のユニスワップUNI売却しUSDCに、議論呼ぶ

ユニスワップ、イーサリアムL2ソリューション「Arbitrum」を採用か

参考:ユニスワップ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock・Maximusnd

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ