日本直販がweb3で新サービス開発へ、GCTと提携で

GCTが日本直販と提携

老舗通信販売会社の日本直販が、web3分野における新たなサービス開発へ着手した。

日本直販は11月22日、web3・メタバース領域の事業展開支援を行うGCT JAPANと戦略的パートナーシップ締結を発表。この提携により、GCT JAPANはブロックチェーン技術活用のweb3領域で日本直販の事業を支援していくとした。

発表によるとGCT JAPANの提供するトラベルテックサービス「TripBox」と日本直販の顧客基盤を活かしてのNFT販売や、行動経済学を活用した健康増進社会を実現する革新的なサービスをローンチする予定とのことだ。

なお「TripBox」はGCT JAPANが10月1日に運用開始した「場所」に特化したNFTのスタンプサービスだ。ユーザーがその「場所」に訪れたことをNFTで証明するデジタルスタンプを提供するトラベルテックサービスを提供している。

関連ニュース

「LAWSON TICKET NFT」QRコードNFT配布機能追加へ、鉄道ツアーで配布

The SandboxがLINE studioと提携、グローバル市場拡大へ

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ

「Nouns DAO」から学ぶ、NFTプロジェクト成功の秘訣

SUSHI TOP、メディア向け「NFT配布型広告サービス」提供開始


デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored