ユニスワップ、米国規制の影響で100以上のトークンにアクセス制限

ユニスワップ、米国規制の影響で100以上のトークンにアクセス制限

分散型金融(DeFi)プロトコル「ユニスワップ(Uniswap)」の開発企業であるユニスワップ・ラボ(Uniswap Labs)が特定のトークンへのアクセス制限することを7月23日に発表した。

このユニスワップ・ラボの意思決定はSEC(米国証券取引委員会)とCFTC(米国商品先物取引委員会)が証券性を持つトークンへの規制に準拠する形となっているとのことだ。

アクセス制限されるトークンは100以上に及んでいて、DeFiシンセティクス(Synthetics)の合成資産などが含まれている。これはGitHubのUniswap/uniswap-interfaceにて確認できる。

そして発表文では「今後も、世界中のユーザーに力を与えることができる、安全で透明性の高い堅牢な金融インフラを提供するという、DeFi業界全体の価値観に沿った形で、製品の開発とユニスワッププロトコルへの貢献を続けていきます」と伝えている。

参考:ユニスワップ
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定