ユニスワップ、米国規制の影響で100以上のトークンにアクセス制限

ユニスワップ、米国規制の影響で100以上のトークンにアクセス制限

分散型金融(DeFi)プロトコル「ユニスワップ(Uniswap)」の開発企業であるユニスワップ・ラボ(Uniswap Labs)が特定のトークンへのアクセス制限することを7月23日に発表した。

このユニスワップ・ラボの意思決定はSEC(米国証券取引委員会)とCFTC(米国商品先物取引委員会)が証券性を持つトークンへの規制に準拠する形となっているとのことだ。

アクセス制限されるトークンは100以上に及んでいて、DeFiシンセティクス(Synthetics)の合成資産などが含まれている。これはGitHubのUniswap/uniswap-interfaceにて確認できる。

そして発表文では「今後も、世界中のユーザーに力を与えることができる、安全で透明性の高い堅牢な金融インフラを提供するという、DeFi業界全体の価値観に沿った形で、製品の開発とユニスワッププロトコルへの貢献を続けていきます」と伝えている。

参考:ユニスワップ
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も