コロンビア中央銀行、ブロックチェーン基盤で債券の試験運用開始

コロンビア中央銀行、ブロックチェーン基盤で債券の試験運用開始

コロンビアの中央銀行である「Banco de la Republica」がブロックチェーン技術を活用し債券を発行・償還する試験運用を開始したことを7月23日に発表した。期間は約6ヶ月間とのことだ。

この試験運用で用いられるブロックチェーン基盤はLACChainだ。LACChainはラテンアメリカ・カリブ地域におけるブロックチェーン・エコシステムの発展のために米州開発銀行グループのイノベーション・ラボを中心にブロックチェーン環境のさまざまなアクターが統合されたグローバルアライアンスである。現在、LACChainはHyperledger Besu上で機能している。

またこの債券はコロンビアの主要銀行である「Banco Daviviienda」が発行し、投資家へ販売する目的を持つ引受人は米州開発銀行が行う。また「Banco de la Republica」はブロックチェーンネットワークのオブザーバーノードとして機能する予定となっている。

この取り組みの目的は、債券の発行から満期までのライフサイクルにおいて、ブロックチェーン技術の利点を検証しようとするものとのことだ。ブロックチェーン技術を活用したメリットとして考えられているのは、オペレーションコストの削減、処理時間の最適化、オペレーションのトレーサビリティーとセキュリティの効率化、情報の非対称性の解消、財務リスクの管理強化などである。

参考:ledgerinsights
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・VanReeel

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定