BAYC運営「Yuga Labs」、ビットコイン上のジェネレイティブアートコレクション発表

Yuga Labsがビットコイン上のジェネレイティブアートをリリースへ

人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を運営するユガラボ(Yuga Labs)が、ビットコイン(BTC)ブロックチェーンを活用したジェネレイティブアートコレクション「トゥエルブフォールド(TwelveFold)」のリリース予定を2月28日に発表した。

「トゥエルブフォールド」は、ユガラボのアートチームが3Dモデリングやアルゴリズム、レンダリングツールを使用して作成した300個のジェネレイティブアートで構成されており、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に紐づくフルオンチェーンの作品になるとのこと。

ビットコインは代替可能なデジタル通貨であるものの、ビットコイン改善提案 (BIP)においては、クリエイターが個々のsatoshiにデータを接続し、メタデータ(特にアートワーク)をオンチェーンでホストできる「インスクライビング(inscribing)」と呼ばれる方法が説明されているという。これによりsatoshi が代替不可能であるかのように動作し、ビットコインブロックチェーンでNFTの概念が可能になるとユガラボは説明している。

「トゥエルブフォールド」は今週後半からオークション形式で販売され、入札時はBTCが必要とのこと。

また「トゥエルブフォールド」のようなデジタルアーティファクトとBTCを一緒に保管すると、BTCを使用する通常の過程で、satoshiであるデジタルアーティファクトを誤って転送する危険がある為、「トゥエルブフォールド」の入札が完了して作品を受け取る際は、保管用に空のビットコインアドレスが必要とのこと。

なお「トゥエルブフォールド」は、ユーティリティを持たない実験的なNFTアートプロジェクトとなっており、BAYCなどのイーサリアム(Ethereum)基盤のユガラボプロジェクトと関連することは無いとのことだ。

関連ニュース

参考:Yuga Labs
images:iStocks/your_photo

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ