スタークウェア、トランザクション証明技術「Starknet Prover」をオープンソース化

Starknet Proverがオープンソース化

「スタークネット(StarkNet)」における分散化の最終段階に向けて「Starknet Prover(スタークネットプルーバー)」がオープンソース(OS)化される。同技術開発元のスタークウェア(Starkware)が2月5日発表した。

スタークウェアは、zkRollup(zkロールアップ)と呼ばれるゼロ知識証明の技術を利用したイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション「スタークネット」と「StarkEx(スタークイーエックス)」を開発・提供する企業だ。

また今回OS化される「スタークネットプルーバー」は、スタークウェアがロールアップした何百ものトランザクション(取引記録)を、イーサリアム上で書かれた小さな暗号化証明に圧縮する為の処理装置である。

なおロールアップとは、メインのブロックチェーンのセキュリティを活用しながらトランザクションの一部をオフチェーンで処理することにより、ネットワークの混雑解消を図るスケーリング技術のことだ。「スタークネット」においてはイーサリアムがメインのブロックチェーンとなる。

今回「スタークネットプルーバー」がオープンソース化されることで、開発者のアクセシビリティ向上と、「スタークネット」コミュニティ内でのコラボレーションおよびイノベーション促進が期待できるとのこと。

なお「スタークネットプルーバー」を構築しているコードベースは、「スタークイーエックス」活用のDEX(分散型取引所)「dYdX」や、NFTトレーディングカードゲーム「Sorare(ソーレア)」、「Immutable X(イミュータブルエックス)」のトランザクション証明にも使用されている。

そして「スタークネットプルーバー」はこれまでに、3億2,700万件の取引を処理し、9,500万件のNFTを発行、約8,240億ドル(108兆円)を決済してきたという。

なお「スタークネットプルーバー」は主要オープンソースライセンス(利用規約)であるApache2.0(アパッチ2.0)にてオープンソース化されるとのこと。

スタークウェアは「スタークネットプルーバー」の他に、「スタークネット」でのコントラクト開発に利用する為に、新たに自社で開発しているプログラミング言語「Cairo(カイロ)」や、Rust言語で構築されたフルノードクライアント「Papyrus(パピルス)」、スループットとレイテンシの改善を目的に開発された「StarkNet sequencer(スタークネットシーケンサー)」をOS化している。

関連ニュース

イーサL2「スタークネット」のOSノードクライアント「Papyrus」がリリース

スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに

イーサリアムL2開発「StarkWare」、「スタークネット財団」正式発足

コンセンシスとスタークウェア提携、メタマスク等に「ZK-Rollups」提供へ

イーサリアムL2スケーリングソリューションを開発するスタークウェア(StarkWare)が7,500万ドル調達

参考:Starkware
images:iStocks/Myvector

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み