スイス21SharesがUAEで「現物ビットコインETP」提供開始

21Sharesがドバイで「現物ビットコインETP」提供開始

スイス拠点の資産運用会社21シェアーズ(21Shares)が、現物ビットコインETP(上場取引型商品)をUAE(アラブ首長国連邦)で提供開始したことを10月12日発表した。

この現物ビットコインETPは「21シェアーズ・ビットコインETP:21Shares Bitcoin ETP(ABTC)」の名称で、発表同日にナスダックドバイ(Nasdaq Dubai)に上場し取引が開始している。

同商品は、21シェアーズが欧州にて提供し、取引されている現物ビットコイン運用の「21シェアーズ・ビットコインETP」と同様に取引できるとのことだ。

なお昨年7月に中東初の暗号資産ファンドとしてビットコインETF(上場信託投資)をカナダの暗号資産運用会社スリーアイキュー(3iQ)が立ち上げているが、こちらは間接的にビットコインのエクスポージャーを提供しており、物理的裏付けのあるビットコインファンドとしては、今回の21シェアーズによるビットコインETPが中東初となっている。

また21シェアーズはナスダックドバイへのABTC上場で中東市場へ初参入となる。これにより同社は世界9か国に計46商品を上場させていることになるという。

21シェアーズの中東の責任者であるシェリフ・エルハッダード(Sherif El-Haddad)氏は「暗号資産は世界中の投資家やウェルスマネージャーにとって未来の資産となりつつあり、世界のクリプト(ブロックチェーンと暗号資産に関する総称)の普及と投資レベルは加速し続けていますが、中東はこの成長を加速させる主要な場所となっています。UAE、そしてより広範な湾岸諸国は、我々のビジネスにとって戦略的に重要な市場であり、この市場が我々にもたらすチャンスに興奮しています」と語っている。

なお21シェアーズの親会社である21.co(トゥエンティワンカンパニー)は先月9月、約36億円(2500万ドル)を調達し、評価額が約2870億円(20億ドル)に達しユニコーン企業になっている。

関連ニュース

バイナンス、ドバイでの暗号資産取引の提供が完全承認

電通グループが「web3 club」発足、アスター渡辺創太アドバイザーに

FTX Europe子会社、ドバイで暗号資産取引提供の完全承認ライセンス取得

ォビグループ、ドバイで仮承認ライセンス取得

ドバイがメタバース戦略、5年で40億ドルの経済効果見込む

参考:21シェアーズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ThaiMyNguyen

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した