BNPパリバがデジタル資産カストディ開発、FireblocksやMETACOと提携

BNPパリバがデジタル資産カストディを開発へ

フランス・パリに拠点を置く欧州のメガバンクBNPバリパの子会社BNPバリパ証券サービス(BNP Paribas Securities Services)が、デジタル資産のカストディサービスを開発していることが分かった。これにあたりBNPパリバ証券は7月20日、ファイヤーブロックス(Fireblocks)とメタコ(METACO)といった暗号資産関連企業との提携を発表している。

同社はホットウォレットや債券のトークン化などに、ファイヤーブロックス提供のソリューションを選択しており、すでにそのソリューションを用いたセキュリティトークンの決済とカストディに関する実験を開始しているとのこと。直近ではフランス市場における非上場デジタル債券の決済とカストディの実験でファイヤーブロックスのソリューションを活用したという。

また既存のインフラシステムに、デジタル資産カストディやオーケストレーションプラットフォームを統合するために、メタコのサービスを選択したとのこと。これは同社の機関投資家向けカストディサービスを支え、複数のシステム間でガバナンスを統一し、機関投資家の顧客が従来の資産とともにデジタル証券の保管、発行、決済を行えるようにするものである。

今回提携が発表されたファイヤーブロックスは、アメリカに拠点を置く、暗号資産の保管、取引、発行インフラを提供する企業。2022年1月にはシリーズEの資金調達ラウンドを済ませており、企業評価額は80億ドルにも上る。

またメタコは、スイスに拠点を置く、ステーキング、スマートコントラクト管理などを提供する企業で、大手グローバル銀行のCitiやスペイン大手銀行のBBVAなどとも提携している。

BNPバリパセキュリティサービスのデジタルアセット部門の責任者Wayne Hughes氏は今回の提携について、「これらのパートナーシップは、当社にとって新たなマイルストーンとなるもので、マルチプロバイダのプラットフォームを構築することができ、規制の枠組みの構築が可能になれば、伝統的資産とデジタル資産を完全に接続することができます。」と語っており、異なるタイプの資産すべてを一望できる環境を提供することを目指しているという。

関連ニュース

仏BNPパリバ、パブリックチェーンで太陽光発電債券をトークン化

スイスSDXが機関投資家向けインフラサービス提供へ、Fireblocksと提携で

米FISとFireblocksが提携、資本市場顧客のDeFi活用可能に

米デジタル資産カストディFireblocks、約5.5億円の資金調達

Aaveが機関投資家向けサービス提供へ、初のホワイトリスト機関にFireblocks

参考:BNPパリバ証券
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・your_photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored