DeFiポートフォリオツール「Zapper」、NFTとDAOの管理機能追加

「Zapper」がNFTとDAOの管理機能追加

暗号資産(仮想通貨)のポートフォリオ管理ツール提供のザッパー(Zapper)が、オンチェーン分析ツールにNFTとDAO(自律分散型組織)のダッシュボード機能を追加したことを7月21日発表した。このアップデートは「Zapper V2」と名付けられている。

ザッパーが対応しているブロックチェーンは、イーサリアム(Ethereum)、バイナンススマートチェーン(BSC)、ポリゴン(Polygon)、ファントム(Fantom)、オプティミズム(Optimism)となっている。これまでザッパーはDeFi(分散型金融)の流動性プール、ステーキング、イールドファーミングなどの財務活動を一元管理するためのダッシュボードとして利用されてきた。

今回発表された「Zapper v2」の狙いは、ユーザーがNFT、DAO、DeFiのダッシュボードで新たな発見を得る可能性を高められ、web3ビジネスにおいて良い意思決定が行えるようにすることにあるという。

NFTに関する新たな機能としては、オンチェーンデータをインデックス化し、ニュアンスの異なるレアリティスコアを構築することで、価格指標を提供するとのこと。

そしてDAOに関しては、トレジャリーの総資産、メンバー数やトレジャリーのウォレットアドレスなどが簡単に分かるようになったとのこと。

またDeFiに関する機能としては、ユーザーがザッパー内でフォローしている人々の投資ステータスを確認でき、大口投資家の細かな動向や280以上のDeFiのポジション状況や利益率なども調べることができるようになった。

なおザッパーは、2021年5月にフレームワークベンチャーズ(Framework Ventures)が主導したシリーズAラウンドで1,500万ドル(約20億円)を資金調達している。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BlackSalmon

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。