クーコイン、トレーディング企業SIGから約13億円調達

クーコインがSIGから約13億円の投資

暗号資産(仮想通貨)取引所クーコイン(KuCoin)が、クオンツトレーディング企業「サスケハナインターナショナルグループ(Susquehanna International Group:SIG)」から、約13億円(1,000万ドル)の戦略的投資を受けたことが7月21日分かった。

クーコインはこの資金を使用して、プラットフォームインフラストラクチャをアップグレードし、プロダクトのラインナップを充実させるとのこと。またクーコインのグローバル展開と、雇用計画にも資金を利用する予定だという。

さらにクーコインとSIGは、インキュベーションや投資、コンサルティングを通じて、クーコインの独自ブロックチェーンである「KCC(KuCoin Community Chain)」上に構築されたプロジェクトを共同で支援していくとのことだ。

なお「KCC」はイーサリアム(Ethereum)のネットワーク遅延と高いガス代の解決を目的に構築されたEVM(イーサリアム仮想マシン)互換のパブリックブロックチェーンだ。

クーコインは2017年9月にローンチし、2018年11月にラウンドAで約26億円(2000万ドル)を調達している。また今年5月にはプレシリーズBラウンドで約200億円(1.5億ドル)を調達し、その際に企業評価額が約1.3兆円(100億ドル)に達していた。

また現在クーコインは、暗号資産現物取引における中央集権取引所(CEX)では、バイナンス(Binance)、FTX、コインベース(Coinbase)、クラーケン(Kraken)に続き5位に位置する取引所である(7/22コインマーケットキャップ調べ:平均取引高・流動性などから割り出した独自スコアによるランキング)。

関連ニュース

暗号資産取引所クーコインが約200億円調達、評価額は約1.3兆円に

新興国にDeFiツール提供「XLD Finance」、約17億円調達

【取材】web3企業shiftbaseがCCCから資金調達、そして代表交代の理由は?

アニモカブランズ約100億円調達、評価額約8000億円に

日本法人のトークン発行等サポートする「BOBG」、アリーバ・DJT・石川駿らから資金調達

参考:KuCoin
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道