独ダイムラー、シンガポールブロックチェーン協会と提携

ダイムラーがシンガポールブロックチェーン協会と提携

独大手自動車メーカーであるダイムラー社のシンガポール法人「ダイムラー東南アジア(Daimler South East Asia)」が、「シンガポールブロックチェーン協会(BAS)」と、覚書(MOU)締結のもと提携したことが7月21日分かった。

この提携によりダイムラー東南アジアとBASは、B2B環境でのトークンによるマネタイズを可能にするプラットフォーム「アセントリック(Acentrik)」を立ち上げたとのこと。

そして両社は「アセントリック」を通じ、業界横断的にブロックチェーンベースのデータマーケットプレイスの企業採用を推進していくという。

なお「アセントリック」は現在、エンタープライズ向けへのリリース段階とのことだ。

またダイムラーは今年5月、自社のブロックチェーンプラットフォーム「モビリティ・ブロックチェーン・プラットフォーム(Mobility Blockchain Platform)」のライセンスを、モビリティ関連スタートアップ「ブロックスムーブ(bloXmove)」に付与したことを発表している。

関連ニュース

独ダイムラー、自社ブロックチェーンプラットフォームのライセンスをスタートアップに付与

メルセデス・ベンツのDaimler AGとOcean Protocolが概念実証(PoC)完了の発表

オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表

参考:BAS
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Teka77

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored