SMBCとHashPort、NFTなどトークンビジネスで協業

SMBCとHashPortが基本合意書を締結

三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)および連結子会社の三井住友銀行が、ブロックチェーン関連事業を行うHashPortグループと、NFTをはじめとするトークンビジネスにおける協業に向け、基本合意書を締結したことが7月22日分かった。

両グループは締結した合意書に基づき、今後急速に拡大していくweb3分野のビジネスを見据え、NFT領域におけるエコシステムの構築を目指していくという。

具体的には、両グループの知見を融合した「トークンビジネスラボ」を設置し、トークンビジネスの推進に係る調査・研究および実証実験に取り組むとのことだ。

また両グループは、NFTの発行をはじめとしたトークンビジネスを検討する顧客に対し、事業化の支援やコンサルティングの提供をするとのこと。さらにNFTを活用した、SMBCグループ自身のトークンビジネスの展開も検討するとしている。

そして将来的には、デジタルカストディをはじめとする機能整備を、エコシステムの多くのプレイヤーと連携しながら進めていくとのことだ。また国内におけるトークンビジネスの普及も後押ししていくとのこと。

なおHashPortグループは、HashPortとその関連会社であるHashPaletteとHashBankで構成されている。

HashPaletteは、パレットトークン(PLT)発行元で、PLTは昨年7月に「Coincheck IEO」を利用して国内で初めてIEO(Initial Exchange Offering)を経てコインチェックに上場した。またHashBankは、HashPortが今年4月に会社分割により設立した金融インフラ事業会社である。

関連ニュース

日本政府がweb3環境整備を本格化、骨太方針を閣議決定

HashPortがインバウンドメディア「MATCHA」のIEO支援、「旅行して稼ぐ」トークン上場に向け

HashPort、金融インフラ事業会社HashBank設立

SNS「Yay!」運営ナナメウエ、HashPortとIEO向けパートナーシップ

三井住友銀とSMBC信託銀、「ibet for Finコンソーシアム」参加

デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資