独ダイムラー、自社ブロックチェーンプラットフォームのライセンスをスタートアップに付与

独ダイムラー、自社ブロックチェーンプラットフォームのライセンスをスタートアップに付与

独大手自動車メーカーであるダイムラー社の金融およびイノベーション部門子会社ダイムラー・モビリティ(Daimler Mobility AG)が自社のブロックチェーンプラットフォーム「モビリティ・ブロックチェーン・プラットフォーム(Mobility Blockchain Platform)」のライセンスをモビリティ関連のスタートアップであるブロックスムーブ(bloXmove)に付与したことを5月31日に発表した。

ブロックスムーブは2021年に設立された企業だ。ブロックスムーブのCEOはダイムラーのDXリードであったソフィア・ロディガー(Sophia Rödiger)氏、CTOはダイムラー・モビリティのブロックチェーン部門の責任者であったハリー・ベレンス(Harry Behrens)氏が務めている。

ダイムラー・モビリティのプレスリリースによると、ブロックチェーンプラットフォームのライセンスを付与することにより、ソフトウェアプロジェクトのさらなる発展、ネットワークの拡大、エコシステムパートナーの獲得を促進させたいとのこと。

ダイムラー・モビリティのCTOであるカルメン・ロス・シェーファー(Carmen Roth-Schäfer)氏は「ソフトウェアライセンスを付与することで、このプラットフォームを他の分野にも利用できるようにし、その可能性を最大限に引き出したいと考えています。成功したパイロットプロジェクトがブロックスムーブで継続され、さらに発展していることを非常に喜ばしく思います」と述べている。

ブロックスムーブはビジョンとして「すべてのモビリティ事業者のグローバルな提携により、ユーザーの複雑さを軽減すること」を掲げ、ブロックチェーンプラットフォームをベースに流動的で統合されたモビリティインフラの構築し、ユーザーが一つのアプリで複数のモビリティをシームレスに活用できる未来を目指すとのことだ。

参考:Daimler MobilitybloXmove
デザイン:一本寿和
images:iStock/Teka77

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored