独ダイムラー、自社ブロックチェーンプラットフォームのライセンスをスタートアップに付与

独ダイムラー、自社ブロックチェーンプラットフォームのライセンスをスタートアップに付与

独大手自動車メーカーであるダイムラー社の金融およびイノベーション部門子会社ダイムラー・モビリティ(Daimler Mobility AG)が自社のブロックチェーンプラットフォーム「モビリティ・ブロックチェーン・プラットフォーム(Mobility Blockchain Platform)」のライセンスをモビリティ関連のスタートアップであるブロックスムーブ(bloXmove)に付与したことを5月31日に発表した。

ブロックスムーブは2021年に設立された企業だ。ブロックスムーブのCEOはダイムラーのDXリードであったソフィア・ロディガー(Sophia Rödiger)氏、CTOはダイムラー・モビリティのブロックチェーン部門の責任者であったハリー・ベレンス(Harry Behrens)氏が務めている。

ダイムラー・モビリティのプレスリリースによると、ブロックチェーンプラットフォームのライセンスを付与することにより、ソフトウェアプロジェクトのさらなる発展、ネットワークの拡大、エコシステムパートナーの獲得を促進させたいとのこと。

ダイムラー・モビリティのCTOであるカルメン・ロス・シェーファー(Carmen Roth-Schäfer)氏は「ソフトウェアライセンスを付与することで、このプラットフォームを他の分野にも利用できるようにし、その可能性を最大限に引き出したいと考えています。成功したパイロットプロジェクトがブロックスムーブで継続され、さらに発展していることを非常に喜ばしく思います」と述べている。

ブロックスムーブはビジョンとして「すべてのモビリティ事業者のグローバルな提携により、ユーザーの複雑さを軽減すること」を掲げ、ブロックチェーンプラットフォームをベースに流動的で統合されたモビリティインフラの構築し、ユーザーが一つのアプリで複数のモビリティをシームレスに活用できる未来を目指すとのことだ。

参考:Daimler MobilitybloXmove
デザイン:一本寿和
images:iStock/Teka77

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored