メルセデス・ベンツのDaimler AGとOcean Protocolが概念実証(PoC)完了の発表

メルセデス・ベンツのDaimler AGとOcean Protocolが概念実証(PoC)完了の発表

シンガポールに拠点の分散型データ交換プロトコルであるOcean Protocol(オーシャンプロトコル)がメルセデス・ベンツなどのブランドを有するドイツ自動車メーカーのDaimler AG(ダイムラー)と共同の概念実証(PoC)を完了したことを発表した。このPoCはDaimler AGが所有する世界の生産拠点と部品調達パートナーを結ぶサプライチェーンで、販売データや財務データなどを共有できるかを問うために行われた。

Daimler AGは国際的な事業展開をしているため、すべてのビジネスユニットがDaimler AG内部および外部のサービスパートナーとのデータ共有エコシステムに参加することが必須であるとのこと。よってDaimler AGは企業構造全体で簡単に様々なデータを共有する必要があり、オンボーディング、ユーザー認証、データ共有を有効にしながら、セキュリティを確保し、参加企業がデータの管理を維持できるようにするために分散型テクノロジーの活用を試みたとのことだ。

Ocean ProtocolのファウンダーであるBruce Pon(ブルース・ポン)氏は「ブロックチェーン技術がいかにしてデータ共有を解き放ち、業務をより効率的にするかについて明確なビジョンを持っているダイムラー社に、このPoCを提供できたことを光栄に思います。このPoCによって、ダイムラーは自動車業界での継続的なリーダーシップを証明することができました」とコメントしている。

Daimler AGのITテクノロジー&クロスファンクションズのバイスプレジデントであるHartmut Mueller(ハルトムート・ミューラー)氏は「私たちはブロックチェーンの力でデータの価値を分散化することができると信じています。データドリブン企業への道を歩む私たちの旅の中で、Ocean Protocolとのコラボレーションにより、安全なエンタープライズB2Bデータマーケットプレイスを構築し、データを収益化して活用することが可能になりました」とコメントしている。

編集部のコメント

このPoCでDaimler AGが活用したOcean Protocolのエンタープライズデータマーケットプレイスは、データ共有とデータの収益化を最大化するために、あらゆる業種の企業向けにカスタマイズ可能なエンドツーエンドソリューションとして提供されています。

そして今回の概念実証のポイントは、Daimler AGに精通した人物が関係していることに大きな意味があると思われます。Coindeskの報道によれば、Ocean ProtocolのファウンダーであるBruce Pon(ブルース・ポン)氏は、過去にダイムラーのIT部門に5年間勤務した経験があるとのことです。内部をよく知る人物が、外部からデジタルトランスフォーメーションを実現するのは非常に良い循環だと考えられます。人材の流動性が高まり、今回の実証実験のようなケースが増えていくのは良いことなのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/Nelli-Velichko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored