オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表

オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表

分散型パブリックブロックチェーンプラットフォーム「オントロジー(Ontology)」が独自動車大手「ダイムラー(Daimler Mobility AG)」のブロックチェーンプロジェクト「Daimler Mobility AG Blockchain Factory」と提携したことを9月24日発表した。この両社の提携によりドライバーは安全性の高い新しいデジタルドライブサービスを体験することができるようになるとのことだ。

また同日にダイムラーが開催した「Startup Autobahn EXPO Day」にて、両社はモビリティソリューション「Welcome Home」を発表した。

この「Welcome Home」は、ダイムラーとオントロジーが共同で開発した自動車およびモビリティ業界向け初のブロックチェーンプラットフォーム「MoveX」での初のプロダクトとなるとのこと。

「Welcome Home」ではオントロジーの分散型IDフレームワークである「ONT ID」を利用することで、ユーザーのデータのローミングやシェアリングを強化し、自動車に関わるパーソナライズされた体験や多様なサービスの統合を促進するとのことだ。

編集部のコメント

自動車業界では今回のニュースのような分散型IDを利用した取り組みの他、ブロックチェーン技術を活用して自動車部品のトレーサビリティを行う取り組みも行われています。

直近では9月10日に仏自動車メーカーであるルノーグループが、設計から生産に至るすべての自動車部品のコンプライアンスを認証するためのブロックチェーンプロジェクト「エクシード(XCEED:eXtended Compliance End-to-End Distributed)」のテストを完了したことを発表しています。

この取り組みは、EUが9月1日より自動車の市場監視に関する規制を施行しており、ルノーはこの規制へのコンプライアンス対応の為にテストを行いました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/your_photo・Nelli-Velichko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事