アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ

アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ

アリペイ(Alipay)を運営するアントグループ(Ant Group)が中小企業や銀行向けの国際貿易のための新しいブロックチェーンプラットフォーム「トラスプル(Trusple)」を9月25日に発表した。トラスプルはBNPパリバ(BNP Paribas)、シティバンク(Citi Bank)、DBS銀行(DBS Bank)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)、スタンダードチャータード(Standard Chartered)と既に提携している。

トラスプルは買い手と売り手がプラットフォーム上で取引注文をアップロードすると、スマートコントラクトを生成する仕組みだ。そして注文が執行されるとスマートコントラクトは注文の発注、ロジスティックス、税金の還付オプションなどの重要な情報を自動的に更新する。またアントチェーン(AntChain)を使用することで、買い手と売り手の銀行は、スマートコントラクトを介して自動的に決済処理も行うことができる仕組みとなっている。

このトラスプルの自動化されたプロセスによって銀行は取引注文に関する与信コストを軽減でき、情報の改ざん防止も保証することができる。またトラスプル上での取引が成功することで中小企業はプラットフォーム上での信用力を構築することが可能となり、金融機関からの融資サービスを受けやすくなるとのことだ。

アント・グループの先端技術ビジネスグループプレジデントであるグォフェイ・チアン(Guofei Jiang)氏は「トラスプルは国境を越えた取引に関わる中小企業や金融機関の問題を解決するために設計されたものです。2004年に買い手と売り手の間の信頼関係を構築するためのオンラインエスクロー決済ソリューションとしてアリペイが登場したように、アントチェーンを搭載したトラスプルの登場により、買い手と売り手、そして彼らにサービスを提供する金融機関にとって、国境を越えた取引をより安全で、より信頼性が高く、より効率的なものにすることができると期待しています」とコメントしている。

スタンダードチャータードのニール・ダスワニ(Neil Daswani)氏は「世界中の中小企業は、新興国のGDPの40%を占めており、雇用創出に重要な貢献をしています。当社の先進的な金融機能をトラスプルのネットワークに統合することで、成長を続けるアジア域内貿易エコシステムへの中小企業の参加を促進し、地域の持続可能なサプライチェーンの発展を支援する真の機会を得ることができます」と述べている。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Panuwat-Sikham)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。