スタートバーンと現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)がグローバルマーケット進出に向け提携

スタートバーンと現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)がグローバルマーケット進出に向け提携

スタートバーン株式会社が株式会社TRiCERA(トライセラ)とアートのグローバルマーケットへの進出に向け提携したことを9月28日発表した。

スタートバーンはブロックチェーンの技術を用いてアート作品の流通を支えるインフラ「Startrail」および「Startrail」に接続するサービス「Startbahn Cert.」の構築や法人・団体とのブロックチェーン共同事業などを展開している企業。

TRiCERAは世界中のアーティストが自由に作品を発表・販売できるオンラインプラットフォームを運営する企業。TRiCERAは、このプラットフォームでアーティストが自国を超えて活動する際にハードルとなる言語の翻訳・決済機能・配送システムを提供し、アーティストがグローバルに自らのキャリアを形成できる場の提供を目指している。

今回両社は「全てのアーティストの海外進出をサポートすること」を主な目的として提携。スタートバーンが提供するICタグ付きブロックチェーン証明書「Cert.」の仕組みを利用し、TRiCERAに参加するアーティストの作品の真正性担保および来歴管理・真贋証明を可能にする。これにより全世界のアーティストに、翻訳・決済・配送のみならず作品の信頼性を保証し、従来では不可能だった国境・言語を超えたサポートを提供するとのことだ。

編集部のコメント

スタートバーンは先日9月11日に「Startrail」をイーサリアムメインネットに公開したことを発表しています。

あたらしい経済編集部ではスタートバーンのCTOである中村智浩氏に、「Startail」の概要と具体的なgas代高騰への対策法について解説した記事を寄稿して頂いています。併せてご覧ください。

「スタートバーンCTOが教える、イーサリアム取引手数料(gas代)高騰への対策」

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Irina-Shibanova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事