ニューヨーク証券取引所の元社長、Uniswap Labsアドバイザーに

元NYSE社長、Uniswap Labsアドバイザーに

ニューヨーク証券取引所(NYSE)元社長ステイシー・カニンガム(Stacey Cunningham)氏が、分散型金融(DeFi)プロトコル「ユニスワップ(Uniswap)」の主要な開発元「ユニスワップラボ」のアドバイザーに就任したことが、6月15日に分かった。

ステイシー氏は、NYSEの第67代社長、初の女性社長として2018年から2022年まで務めていた。

ステイシー氏はアドバイザー就任に際して「私の長年の取引所での経験をユニスワップチームに還元し、金融市場を民主化するというユニスワップのミッションを前進させていけることを、とてもうれしく思います」とツイートした。

またユニスワップラボは「私たちの目標は、すべての人にとってより透明で公正な市場を実現することです」とツイートで説明した。

なおユニスワップラボは、今年の1月に、米連邦準備制度理事会(FRB)の元エコノミスト、ゴードン・リャオ(Gordon Liao)氏をリサーチ部門リーダーとして採用しており、従来の金融市場(TradiFi)の専門家を分散型の金融市場(DeFi)に採用する動きをしている。

関連ニュース

ニューヨーク証券取引所、上場企業のファースト・トレードを記録したNFT発行

分散型取引所ユニスワップV3、ポリゴンで正式稼働

ユニスワップ、米国規制の影響で100以上のトークンにアクセス制限

ユニスワップ「Uniswap v3」がメインネットローンチ

分散型暗号資産取引所ユニスワップ(Uniswap)の総取引量が1,000億ドルを突破

デザイン:一本寿和
images:iStocks/4×6・alphaspirit

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored