分散型暗号資産取引所ユニスワップ(Uniswap)の総取引量が1,000億ドルを突破

分散型暗号資産取引所ユニスワップ(Uniswap)の総取引量が1,000億ドルを突破

分散型暗号資産取引所(DEX)であるユニスワップ(Uniswap)の総取引量が1,000億ドル(約10兆6,000億円)を突破したことが明らかになった。ユニスワップの開発者であるハイデン・アダムス(Hayden Adams)氏が2月16日にツイッターで報告した。

アダムス氏は「ユニスワップは取引量1,000億ドルを突破した初めての分散型取引プラットフォームになりました」と述べ、イーサリアム(Ethereum)関係のデータを収集しているウェブサイトであるドゥーン・アナリティクス(Dune Analytics)のデータを参照してユニスワップの総取引量が2月15日時点で1,015億ドル(約10兆7,000億円)を記録したことを示した。

ユニスワップは2020年5月にローンチされたDEXであり、イーサリアムのERC20トークン同士の自動交換機能を提供している。同取引所は2020年7月頃から急激に取引量を伸ばしており、暗号資産(仮想通貨)の市場データを提供するコインゲッコー(CoinGecko)によると、直近24時間の取引量は12.5億ドル(約1,300億円)で、現時点で最大の取引量を誇るDEXとなっている。

(images:iStocks/Kateryna-Bereziuk・artacet)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored