オンライン証券OANDA、英国で暗号資産取引提供へ=報道

63以上の暗号資産を取り扱い予定

オンライン証券グループのオアンダ(OANDA)が、英国で暗号資産(仮想通貨)取引を正式に開始するようだ。米コインデスク(Coindesk)が2月26日報じた。

報道によれば、オアンダは英規制当局の金融行動監視機構(FCA)に登録された「オアンダクリプト(OANDA Crypto)」という暗号資産取引プラットフォームを開設するという。

同プラットフォームではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)を含む63以上の暗号資産取引ペアの取り扱いが予定されており、より多くのトークンや機能追加を予定しているという。

オアンダのデジタル資産責任者ルシアン・ローアーマン(Lucian Lauerman)氏は、英国の規制ハードルは他国と比較してやや高く設定されており、暗号資産が伝統的金融市場と整合性が取れてきている点を気に入っていると述べている。

オアンダは昨年8月、FCAに登録されている暗号資産取引所コインパス(Coinpass Limited)の株式の過半数を取得していた。

またオアンダは、厳しい規制要件を設けている地域を選んでいる。同社は昨年、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の規制下にあるパクソス(Paxos)と提携。すでに米国で暗号資産取引サービスを提供している。

FCAは昨年10月、暗号資産ビジネスによるマーケティングに関する新規則「金融プロモーション制度」導入を発表。

この動きを受けて、暗号資産取引所バイビット(Bybit)や決済大手ペイパル(PayPal)、英フィンテック企業レボリュート(Revolut)等複数の大手暗号資産企業が英国でのサービス提供を一時停止していた。

関連ニュース

参考:報道
images:iStocks/Abscent84・Oleksii-Liskonih

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資