PayPal、英国で暗号資産の認可取得=ロイター

英国のEU離脱後の拠点設立へ

米決済大手ペイパル(PayPal)が英国で暗号資産(仮想通貨)事業者に登録されたと金融行動監視機構(FCA)がウェブサイトにて発表した。

英国における暗号資産市場が最初の規則を待つ間、暗号資産を提供したい企業はFCAに対し、資金洗浄やテロ資金調達に使用されないように十分な安全策を講じていることを示さなければならない。

規制当局はまた、バイナンスのような競合他社を悩ませてきた暗号資産の販売に関しても、より厳しいセーフガードを導入した。

2021年に初めて暗号資産売買を開始したペイパルは8月、英国の顧客による暗号資産の購入を10月1日から一時停止し、2024年初頭に再開する予定だと発表した。

ペイパルは11月1日、FCAが同社を認可電子マネー機関および消費者信用会社として承認し、暗号資産事業者としての登録も承認したと発表した。

今回の承認により11月1日以降、ペイパルの英国ユーザーは英国のEU離脱に伴い、これまで英国の顧客にサービスを提供していたペイパル・ヨーロッパから、英国を拠点とする新しい事業体に移管されることになる。

「英国の顧客には、これまでと同じ製品とサービスを提供し続ける」とペイパルは述べている。

関連ニュース

PayPal gets crypto green light in UK as sets up post-Brexit base
Reporting by Huw Jones; Editing by Jonathan Oatis and Alexander Smith
翻訳:髙橋知里
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している