オープンシー、バトルロワイヤルゲーム「OpenSeason」のメンバーシップNFTをリストから削除

バトロワゲームのNFTがリストから削除される

大手NFTプラットフォームのオープンシー(OpenSea)が、NFTを活用したバトルロワイヤルゲーム「オープンシーズン(OpenSeason)」のメンバーシップNFTをリストから削除した。

現在「オープンシーズン」のメンバーシップNFTはオープンシーにて表示されているが、NFTのリストや取引はできない状況だ。なお同NFTはNFTマーケットプレイス「ブラー(Blur)」にてリストされている。

暗号資産(仮想通貨)メディア「ディクリプト(Decrypt)」によるオープンシーへの独自取材によると、メンバーシップNFTがリストから削除された原因は、オープンシーの利用規約である「金融活動を実行する為のサービスの使用」に違反した為だという。

オープンシーによる今回の措置を受け、「オープンシーズン」開発元の「フラクショナルアップライジングスダジオ」は「私たちのコレクションを不当に無効にし、私たちの訴えを拒否した」と公式Xにて今月2日投稿している。またこの投稿に併せて、オープンシーのロゴである船のマークを模倣して作られたオブジェクトが「オープンシーズン」内の海上で燃えているシーンも公開されている。

「オープンシーズン」は、ゲームスタジオ「フラクショナルアップライジングスダジオ(Fractional Uprising Studios)」が提供するNFTを活用したバトルロワイヤルゲームだ。

このゲームをプレイする為にはメンバーシップNFTが必要となっており、NFT所有者は一般公開前のゲームプレイやゲーム内トークン「FUmoney」のエアドロップなどにアクセスできるという。

「オープンシーズン」は、エピックゲームス(Epic Games)のゲームマーケットプレイス「エピックゲームスストア(Epic Games Store)」にて、今月29日にアルファ版としてリリースされる予定だ。

関連ニュース

参考:エピックゲームスストア
images:iStocks/StudioM1

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない