オープンシー、クリエイター向けノーコードツール「オープンシースタジオ」提供開始

オープンシーがオープンシースタジオ提供

大手NFTプラットフォームのオープンシー(OpenSea)が、クリエイター向けノーコードツール「オープンシースタジオ(OpenSea Studio)」を10月4日発表した。

「オープンシースタジオ」は、クリエイターがノーコードでNFTプロジェクトの作成や管理、分析できるツールとのこと。現時点で発表されている機能としては、コミュニティ内でNFTをミントできる機能や、NFTを自身のウォレットに直接ミントできる機能がある。

なおミント可能なNFTは、オープンシーと互換性のあるブロックチェーンとなっている。またNFTのミント時の決済は、クレジットおよびデビットカードが利用できるとのこと。さらに今後数ヶ月にわたって、ビデオや画像、ロードマップ、FAQなどがコレクションページに追加されていくという。

そしてオープンシーで提供されていた、遅延してNFTをミントできる機能「レイジーミンダブル(lazy mintable)」は今月3日に廃止され、「オープンシースタジオ」内で独立したコントラクトとして動作するコレクション作成方法が、代わりに提供されるとのこと。

その為3日以降は「レイジーミンダブル」でのNFTのミントやコレクションの変更および編集はできなくなっている。

関連ニュース

参考:オープンシー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Blue-Planet-Studi

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した