米マイクロストラテジー、234億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数19万3000BTCに

マイクロストラテジーがBTC追加購入

企業としてビットコイン(BTC)の購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業マイクロストラテジー(MicroStrategy)が、BTCの追加購入を2月27日発表した。

今回マイクロストラテジーは、2月15日から2月25日までの間に約3,000BTCを約1億5,540万ドル(約233.8億円)で購入。手数料と経費を含む1BTCあたりの取得額は約51,813ドル(約780万円)となっている。

なお同社が前回BTCを追加購入したのは先月1月。850BTCを購入していた。

発表によるとマイクロストラテジーでは2月25日現在、合計で193,000BTCを保有しているとのこと。取得額は約60億9,000万ドル(約9,166億円)となっており、1BTCあたりの取得額は31,544ドル(約474.7万円)とのことだ。

なお今回の発表の前日26日に、マイクロストラテジーの公式Xアカウントがハッキングを受け、同アカウントからフィッシングサイトに誘導する投稿がされたと伝えられている。これに対し一部の投資家が暗号資産を流出させてしまう被害を受けたとのこと。被害額は44万ドルに及んだという。

現在そのポストは削除されているが、その後公式から正式なアナウンスはない状況だ。

関連ニュース

参考:マイクロストラテジー
images:iStocks/KanawatTH・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない