米マイクロストラテジー、約877億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数19万BTCに

マイクロストラテジーがBTC追加購入

企業としてビットコイン(BTC)の購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業マイクロストラテジー(MicroStrategy)が、BTCの追加購入を2月5日発表した。このことは同社の2023年第4四半期の決算発表にて記載されている。

またマイクロストラテジーの共同創業者マイケル・セイラー(Michael Saylor)氏のXアカウントによると、同社は1月中に850BTCを3,720万ドル(約55億円)で購入したという。

これにより同社の保有するビットコインは、2月5日の時点で合計19万BTCになったとのこと。取得額は59.3億ドルで1BTCあたりの平均取得額は31,224ドル(約462万円)とのこと。

なおこの総保有数は、現在のビットコイン価格で計算するとおよそ82億ドル(約1.2兆円)相当の価値を持つことになる。

同社が前回BTCを追加購入したのは昨年12月。14,620BTCを購入していた。マイクロストラテジーは昨年の第3四半期以来、31,755BTCを約13億ドル(約1,922億円)で取得したとのことだ。

関連ニュース

参考:マイクロストラテジー
images:iStock/Vit_Mar・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored