L1ブロックチェーン「Sei」が開発者向けテストネットをv2にアップグレード、EVMをサポート

Seiが開発者向けテストネットをv2にアップグレード

新興レイヤー1ブロックチェーン「セイ(Sei)」の開発者向けテストネット「パブリックデヴネット(Public Devnet)」が、v2にアップグレードした。「セイ」の公式Xアカウントおよびブログから2月13日に発表されている。

「セイ」のメインネットは現在、コスモス(Cosmos)エコシステム上に構築されており仮想マシンのウェブアセンブリ(WebAssembly / WASM)を搭載している。そのため「セイ」ではスマートコントラクトはコズモワズム(Cosmwasm)をサポートしている。

「セイ」の開発を主導するセイラボ(Sei Labs)は昨年11月、同ブロックチェーンを「Sei v2」にアップグレードし、EVM(イーサリアム仮想マシン)を搭載することでEVM用スマートコントラクトをサポートするという提案を行っていた。

この提案を実行することより、EVMスマートコントラクトと既存のCosmwasmスマートコントラクトの相互運用が可能になるとのことだ。

今回の発表によると、同ブロックチェーンに搭載されるEVMは、イーサリアム(Ethereum)がまだ実装できていない「トランザクションの並列処理」を実装する予定だ。これにより「セイ」は、高速なトランザクション処理が実現可能になるとのことだ。

今後の展開として、テストネットでの改良や調整がオープンな環境で実施されたのち、メインネットでもアップグレードが実施されるという。 ・また同アップグレードでは「セイディービー(SeiDB)」の導入も行うという。

「セイディービー」は、ステートの過剰な肥大化や読み書きのパフォーマンスを向上させることで、新しいノードがステートの同期とキャッチアップを容易にするためのデータ構造だという。

セイは公式のブログにて、すでに「セイ」にスマートコントラクトをデプロイしているユーザーに向け、EVMとWASMの相互運用に対応できるようアップグレードする方法を今後数週間のうちに公開する予定と述べている。

なおWASMとはグーグル(Google)、モジラ(Mozilla)、マイクロソフト(Microsoft)、アップル(Apple)らが共同開発した仮想マシンだ。C言語やJAVA、Rustなどの広く利用されている多くの言語をサポート可能な実行環境であり、ディズニープラス(Disney+)やアマゾンプライムビデオ(Amazon Prime Video)、グーグルアース(Google Earth)など多くのサービスの開発に利用されている。

関連ニュース

参考:セイブログ
images:iStocks/olegback

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ