L1ブロックチェーン「Sei」、v2アップグレードでEVMサポート提案

Sei Labsが「Sei」のアップグレードを提案

新興レイヤー1ブロックチェーン「セイ(Sei)」の開発を行うセイラボ(Sei Labs)が、「セイ」を次期バージョン「セイv2(Sei v2)」にアップグレードし、EVM(イーサリアム仮想マシン)をサポートする提案を11月29日に発表した。

「セイ」は現在、ウェブアセンブリ(WebAssembly / WASM)を搭載しており、Cosmwasmスマートコントラクトをサポートしている。「Sei v2」へのアップグレードでEVMをサポートすることで、EVMスマートコントラクトと既存のCosmwasmスマートコントラクトの相互作用が可能になるとのことだ。

また同アップグレードでは「セイディービー(SeiDB)」の導入も行うという。「セイディービー」は、ステートの過剰な肥大化や読み書きのパフォーマンスを向上させることで、新しいノードがステートの同期とキャッチアップを容易にするためのデータ構造だという。

「Sei v2」へのアップグレードは2024年前半に実施される予定であり、この提案について議論し、投票するためのガバナンス提案が、今後数週間のうちに提出される予定である。

セイラボはブログにて、「Sei v2」ではトランザクションあたりのコストがはるかに安くなり、スループットが向上し、集中化のトレードオフや複雑さ、イーサリアム(Ethereum)レイヤー2ロールアップの運用にかかるオーバーヘッドを一切受けずに済むと述べている。

セイは8月15日にメインネットのパブリックベータ版をローンチし、ネイティブトークン「SEI」をリリースした。「SEI」トークンはリリースされたのち、大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)とコインベース(Coinbase)へすぐに上場を果たしている。

「セイ」の開発を主導するセイラボ(Sei Labs)は今年4月、ジャンプ(Jump)やディストリビューテッド・グローバル(Distributed Global)などの投資家から2回の戦略的資金調達ラウンドで約43.9億円(3,000万ドル)を調達している。

関連ニュース

参考:Sei Japan
images:iStocks/olegback

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した