コインベースウォレット、InstagramやTikTok等にUSDC送金可能に

コインベースウォレットからInstagram等のユーザーにUSDC送金可能に

web3ウォレット「コインベースウォレット(Coinbase Wallet)」から、インスタグラム(Instagram)やティックトック(TikTok)等のアプリユーザーへ米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」が送金可能になったという。同ウォレット提供の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が12月6日発表した。

送金先アプリにはインスタグラムとティックトックの他フェイスブック(Facebook)、アイメッセージ(iMessage)、ワッツアップ(WhatsApp)、スナップチャット(Snapchat)、テレグラム(Telearam)、電子メールなどが挙げられており、リンクが共有できる任意のプラットフォームであれば送金可能であるとのこと。

なお受信者は共有されたリンクをクリックすると、iOSまたはAndroidの「コインベースウォレット」アプリに誘導され、ウォレットの作成を促されるとのこと。また受け取るはずの資金が2週間以内に請求されなかった場合、資金は自動的に送金者に返還されるとのこと。

なお送金時の手数料は無料で即時決済されるとのことだ。

コインベースウォレットは今年7月、ウォレット間でのメッセージング機能のサポートを開始した。この機能のチャット画面では、ポリゴン(Polygon)上のUSDCをガス代を支払うことなく送金が可能になっている。

関連ニュース

images:iStocks/Molnia

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した