コインベースがカザフスタンでブロックされる、デジタル資産法違反の疑いで=報道

デジタル資産法違反か

大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、カザフスタン共和国からブロックされた。現地紙が11月7日報じた。

報道によればカザフスタン文化情報省情報委員会は、コインベースがデジタル資産法の第11条第5項に違反するとして、同国内での同取引所へのアクセスをブロックしたという。

カザフスタンにおけるデジタル資産に関する法律の第11条第5項では、無担保デジタル資産の発行と取引が禁止されているという。また同法は、暗号資産取引所がアスタナ国際金融センター(AIFC)外で活動することも禁止しているという。

なおAIFCは、カザフスタン共和国のエルバシ・ヌルスルタン・ナザルバエフ(Elbasy Nursultan Nazarbayev)初代大統領によって2018年に発足されたカザフスタンの首都に拠点を置くフィンテック・ハブだ。カザフスタン市場を管轄している。

またカザフスタンの金融規制当局であるアスタナ金融サービス庁(AFSA)はAIFC内の独立した機関であり、カザフスタンの金融を規制する目的で設立された。同庁は、カザフスタン共和国の憲法「AIFCについて」に基づいて設立されており、AIFC内の金融会社と市場機関の承認、登録、および監督に責任を負う。

コインベースの広報担当者はブロックチェーンメディア「ザ・ブロック(The Block)」に対し、特定の問題について調査中とし、政策立案者や規制当局と協力的に働くよう努めていると述べている。

現在カザフスタンでは、バイナンス(Binance)、カスピアンEX(CaspianEx)、ビチュー(Biteeu)、ATAIX、アップビット(Upbit)、ジグナル&MT(Xignal&MT)、バイビット(Bybit)など複数の暗号資産取引所が合法的に運営されている。

関連ニュース

参考:現地紙ザ・ブロック
images:iStoks/Abscent84・intriceight

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored