バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得

バイナンスがカザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、カザフスタン共和国で暗号資産事業を行うためのライセンス(permanent licence)を取得したことを10月6日発表した。

これによりバイナンスはカザフスタンにおいて規制対象のプラットフォームとして認可され、暗号資産の取引や保管、法定通貨の入出金のサービスが提供可能となる。

なおバイナンスは8月に、カザフスタンの金融規制当局であるアスタナ金融サービス局(AFSA)より、同国市場におけるデジタル資産取引施設の運営およびカストディの提供について、「原則的承認」を得ていた。今回の「完全承認」についてもAFSAより認可されたものとなる。

バイナンスは5月25日、カザフスタン共和国の暗号資産の法的枠組み及び規制政策の策定に向け、同国のデジタル開発・イノベーション・航空宇宙産業省と覚書(MOU)を締結していた。これにより同国の暗号資産市場内における銀行インフラの統合と、分散型台帳技術の開発および実装の機会を模索するとしていた。

また10月には、カザフスタン共和国の金融監視庁と同国における暗号資産市場の発展と、長期的かつ持続可能なプラットフォームの構築に向けた覚書(MOU)を締結している。

関連ニュース

バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得

バイナンス、カザフスタン金融監視庁と暗号資産市場の発展支援で覚書締結

バイナンス、カザフスタン行政機関と暗号資産法整備に向け覚書締結

カザフスタン、マイニング事業者に新税制を適用へ

ビットマイニング、中国からカザフスタンに一部マイニングマシン移転

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・intriceight

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。