バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得

バイナンスがカザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、カザフスタン共和国で暗号資産事業を行うためのライセンス(permanent licence)を取得したことを10月6日発表した。

これによりバイナンスはカザフスタンにおいて規制対象のプラットフォームとして認可され、暗号資産の取引や保管、法定通貨の入出金のサービスが提供可能となる。

なおバイナンスは8月に、カザフスタンの金融規制当局であるアスタナ金融サービス局(AFSA)より、同国市場におけるデジタル資産取引施設の運営およびカストディの提供について、「原則的承認」を得ていた。今回の「完全承認」についてもAFSAより認可されたものとなる。

バイナンスは5月25日、カザフスタン共和国の暗号資産の法的枠組み及び規制政策の策定に向け、同国のデジタル開発・イノベーション・航空宇宙産業省と覚書(MOU)を締結していた。これにより同国の暗号資産市場内における銀行インフラの統合と、分散型台帳技術の開発および実装の機会を模索するとしていた。

また10月には、カザフスタン共和国の金融監視庁と同国における暗号資産市場の発展と、長期的かつ持続可能なプラットフォームの構築に向けた覚書(MOU)を締結している。

関連ニュース

バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得

バイナンス、カザフスタン金融監視庁と暗号資産市場の発展支援で覚書締結

バイナンス、カザフスタン行政機関と暗号資産法整備に向け覚書締結

カザフスタン、マイニング事業者に新税制を適用へ

ビットマイニング、中国からカザフスタンに一部マイニングマシン移転

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・intriceight

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も