gumiのシンガポール子会社、韓国Com2uS開発「XPLA」のノード運営に参加

gC Games SingaporeがXPLAのバリデーターに

gumi(グミ)の連結子会社gC Games Singapore(gcゲームズシンガポール)が、レイヤー1ブロックチェーン「XPLA」へのバリデータ参加および同チェーンのノード運営を開始した。gumiが12月4日発表した。

なおgC Games Singaporeは、gumiのブロックチェーン事業を展開するシンガポール法人の子会社だ。

また「XPLA」は、韓国の大手ゲーム会社Com2uS Group(カムツスグループ)が開発したTendermint(テンダーミント)ベースのブロックチェーン。CosmosSDK(コスモスSDK)によって構築されている。同チェーン上では、Web3ゲーム、ブロックチェーンゲームプラットフォーム、NFTマーケットプレイス、そしてメタバースなど、様々なデジタルコンテンツが提供されている。

なお今回gC Games Singaporeが参加したバリデータとは、ブロックチェーンのネットワークに接続し、トランザクションが正しいかを検証するノード(コンピューター端末)またはその運用者のこと。バリデータは、その貢献度等に応じた報酬が得られる仕組みとなっている。

またノード運営とは、ブロックチェーン上での取引承認の合意形成が正常に稼働する状態を担保することだ。

なおgC Games Singaporeは先月11月にレイヤー1ブロックチェーン「Mycel(マイセル)」、今年7月にレイヤー1ブロックチェーンのCosmos Hub(コスモスハブ)、6月にはレイヤー1ブロックチェーンSui(スイ)、5月にはゲーム特化型ブロックチェーン「WEMIX3.0」のそれぞれのバリデータに参画し、ノード運営を開始している。

関連ニュース

参考:gumi
images:iStocks/pgraphis

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した