gumiのシンガポール子会社、コスモスハブ(ATOM)のバリデータに参加

gC Games SingaporeがCosmos Hubバリデータ参画

gumi(グミ)のブロックチェーン事業を展開するシンガポール法人の連結子会社gC Games Singaporeが、レイヤー1ブロックチェーンのCosmos Hub(コスモスハブ)のバリデータに参加し、ノード運営を開始したことを7月4日発表した。

コスモスハブは、Interchain Foundation(インターチェーン財団)によって立ち上げられたパブリックチェーン。コスモスSDKによって構築されたブロックチェーンを繋ぐハブになり、効率的な接続の実現を目的として開発がされている。

なおバリデータとは、ブロックチェーンのネットワークに接続し、トランザクションが正しいかを検証するノード(コンピューター端末)またはその運用者のこと。運営者は、その貢献度等に応じた報酬が得られる仕組みとなっている。

またノード運営とは、ブロックチェーン上での取引承認の合意形成が正常に稼働する状態を担保することだ。

gC Games Singaporeは先月6月、レイヤー1ブロックチェーンSui(スイ)のバリデータ参画とノード運営を開始している。また5月には、ゲーム特化型ブロックチェーン「WEMIX3.0」のバリデータに参画し、ノード運営を開始している。

また昨年9月には、コンセンサスプロトコル「Spacemesh(スペースメッシュ)」にマイナーとして参加し、ノード運営を開始したことも発表していた。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:gumi
デザイン:一本寿和

images:iStoks/shilh

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達