「Nippon Idol Token(NIDT)」のオーバース、gumi・東京通信と提携。「IDOL3.0 PROJECT」のweb3展開検討で

「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0展開可能性を検討

暗号資産(仮想通貨)「Nippon Idol Token(NIDT)」発行を控えるオーバースが、gumiおよび東京通信グループとの戦略的パートナーシップ締結の合意を4月10日に発表した。

この提携により、新規アイドルグループ創造プロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」に関するメタバース・Web3.0領域での展開可能性や活用方法を共同で検討していくとのこと。

そもそもgumiと東京通信はオーバースの株主だ。オーバースは、新しいアイドルグループの組成を目的に昨年3月に設立されている。なお昨年9月には「IDOL3.0 PROJECT」の総合プロデューサーに秋元康氏が就任したことが発表されている。

「IDOL3.0 PROJECT」について

「IDOL3.0 PROJECT」は「NIDT」によるIEOにて調達した資金にて、運営される新アイドルプロジェクトだ。

プロジェクトの運営には、キングレコードをはじめとするAKB48、乃木坂46、日向坂46、櫻坂46、IZ*ONE、=LOVEといった人気アイドルグループの育成に携わったスタッフが関わるとのこと。

「IDOL3.0 PROJECT」では、4月上旬よりメンバーの募集を開始し、全国7都市で説明会を予定。複数段階のオーディションを経て、今秋にデビューすることが予定されている。

「Nippon Idol Token(NIDT)」について

「NIDT」は国内4号目のIEO案件として現在購入申し込みを受付中の暗号資産だ。発行元はオーバースであり、「NIDT」はイーサリアム(Ethereum)上のERC20規格のトークンとして発行されている。

「NIDT」は新しいアイドルグループの組成及び活動のために発行され、利用者は「NIDT」を通じてアイドル活動の応援及び支援ができるという。

「NIDT」保有者には、「IDOL3.0 PROJECT」の一部プロデュースへの参加や限定イベントへの招待、NFTの付与などの特典が与えられる予定だ。

なお「NIDT」の購入申込は、国内暗号資産取引所のcoinbook(コインブック)およびDMM Bitcoinの2社にて、4月19日11:59まで実施されている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStock/Muhammad-Farhad

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している