DMM BitcoinとコインブックでIEO、「Nippon Idol Token(NIDT)」購入申し込み日が決定

「Nippon Idol Token(NIDT)」購入申し込み日が決定

今春に国内でのIEO実施予定が発表されていた暗号資産(仮想通貨)「Nippon Idol Token(NIDT)」の購入申込が、3月29日19:00に開始することが決定した。「NIDT」発行元のオーバースが3月13日発表した。

「NIDT」のIEOは、国内暗号資産取引所のcoinbook(コインブック)およびDMM Bitcoinの2社にて同時に行われる。オーバースと同2社は昨年5月にIEOによる資金調達に向けた基本合意書を締結していた。

なおIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)とは、企業等のブロックチェーンプロジェクト発行のトークンによる資金調達を暗号資産取引所が支援し、具体的には主体となって発行体のトークンを販売するモデルのこと。

「NIDT」は、新しいアイドルグループの組成及び活動のために発行されるイーサリアム(Ethereum)上のERC20規格の暗号資産とのこと。利用者は「NIDT」を通じてアイドル活動の応援及び支援ができるという。

「NIDT」は3月29日19:00から4月19日11:59まで購入申し込みを行うとのこと。4月20日に抽選を行い4月24日に「NIDT」を当選者に受け渡し、4月26日19:00からcoinbookおよびDMM Bitcoinにて「NIDT」の取り扱いが開始するスケジュールになっている。

なお「NIDT」の総発行枚数は1,000,000,000枚となっており、IEOによる販売総数は総発行枚数の30%となる300,000,000枚だ。そのうち半数となる150,000,000枚をcoinbookとDMM Bitcoinがそれぞれ販売する形となっている。なお販売価格については5円/NIDTで、払込通貨は日本円となる。

またオーバースでは、今回の発表に合わせ「NIDT」のホワイトペーパー(WP)も公開している。

WPによると「NIDT」はIEO実施時にすでに全量が発行されており利用者保有に30%、プロジェクト報酬に30%、チーム自己保有に21%、エコシステム報酬及び マーケティング分に19%が振り分けるとのこと。

開発費用等を除くプロジェクト報酬およびチーム自己保有分についてはロックアップを設定し、IEO以降に段階的なロックアップの解除を行うとのことだ。

なお「NIDT」のユーティリティとしては、「アイドル活動の運営の一部における意思決定」や「アバターやNFT等のデジタルグッズ・物販・コンサートやイベント等のチケットの購入」、「コンサートやイベントでのメンバーへの投げ銭」となっている。

また「NIDT」はステーキングにも対応するとのことだ。

オーバースはgumiや東京通信を株主に持つ企業。新しいアイドルグループの組成を目的に昨年3月に設立されている。なお昨年9月には同社が準備している新規アイドルグループ創造プロジェクトの総合プロデューサーに秋元康氏が就任したことが発表されている

国内においてIEOは3件実施されているが、3月7日に購入申し込みを終了した3号案件の「フィナンシェトークン(FNCT)」は最終的に申込金額が20,021,288,100円を記録している。申し込み口座数は24,833口座で販売総額は1,066,000,000円となり、倍率は18.78倍になったとのことだ。

なお「FNCT」は、次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE」運営のフィナンシェが発行する暗号資産。コインチェック提供の「Coincheck IEO」にて販売が実施されていた。「FNCT」は、3月16日12:00よりコインチェックの取引所において取り扱いが開始となる予定だ。

関連ニュース

参考:オーバース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ